大分市への交通アクセス

陸路、海路の利便性も充実

本市は鉄道3線や高速道路など県内外からの主要幹線道が合流しており、また、豊後水道を経由して内外に通じる海上交通が発達し、九州の東の玄関口として経済活動の一大拠点を担っています。

道路、鉄道、航空 海上物流

飛行機

>>>> 大分空港(国東市)

  • 東京 (羽田)

    約1時間35分

  • 東京 (成田)

    約1時間40分

  • 名古屋 (中部)

    約1時間5分

  • 大阪 (伊丹)

    約55分

  • 空港特急バス「エアライナー」
    (大分空港~別府・大分線)約65分>>>大分市

JR

>>>> 大分市

  • 東京‒ ‒ ‒ 新幹線 ‒ ‒ ‒ 小倉

    約6時間30分

  • 新大阪‒ ‒ 新幹線 ‒ ‒ ‒ 小倉

    約3時間50分

  • 博多

    約2時間

  • 北九州

    約1時間20分

  • 熊本

    約3時間

  • 宮崎

    約3時間

  • 鹿児島

    約4時間

バス

>>>> 大分市

  • 京都 ‒ ‒ ‒ ‒ ‒ 大阪

    約12時間20分

  • 博多

    約2時間40分

  • 長崎

    約3時間50分

>>>> 大分市

  • 神戸

    約12時間

  • 三崎

    約1時間10分

  • 大阪 (南港)

    約11時間50分 別府市

自動車

>>>> 大分市

  • 福岡

    約2時間

  • 熊本

    約3時間

  • 宮崎

    約2時間50分

国外

>>>> 大分市

  • 中国 (上海)

    (コンテナ船 週1便)

  • 韓国 (プサン)

    (コンテナ船 週3便)

  • 台湾 (基隆、高雄)

    (コンテナ船 週1便)

国内

>>>> 大分市

  • 東京 (有明)・御前崎

    (RORO船 週3便)

  • 清水

    (RORO船 週6便)

  • 神戸

    (コンテナ船 週3便)

福岡港を抜き九州一の発着数を誇る

福岡港

大分市の市域

本市は県庁所在地として、商業、教育、医療、行政などの都市機能の集積が進んでおり、現在の人口は48万人で、大分県の人口の約4割を占めています。 本市では、各地区の魅力や特性等に応じて特色あるまちづくりを行っており、中心市街地では、100年に一度といわれる整備が完了し、新たな顔も誕生し、街中が活気に満ちています。

大分市の市域
  • 大分地区

    JRおおいたシティ アミュプラザおおいた

    大分地区は大分市の中心地区であり、多くの公共施設や商業施設が集積しています。平成27年度にはJR大分駅の高架化に伴い、新たな商業施設が開業するとともに、多くの飲食店や情報通信関連企業が開業し、市内中心部は活気に満ちています。

  • 稙田地区

    トキワわさだタウン

    稙田地区は市街地から通じる主要な街路として国道10号、国道210号などの交通体系が整備されており、大分大学や大型商業施設が立地するとともに、地区別人口においては、8万人 (総人口の約17%)を超えており、賑わいのあるまちづくりが進められています。

  • 野津原地区

    今市の石畳

    野津原地区は森林面積が全体の77.7%と広大な自然に恵まれた中山間地域であり、水と緑によって形成された自然環境、自然景観に恵まれた地域です。平成31年度には大分川ダムの完成が予定されており、地域の活性化につながるものと期待されています。

  • 大南地区

    戸次本町

    大南地区は南北に国道10号線が縦貫し、その東西には農地が広がっています。市内でも有数の農業地区であり、市内でも有数のニラやごぼう、ゆずの生産地となっています。また、江戸時代末期の町並みがそのまま残る戸次本町の町並みは市民の誇りとなっています。

  • 鶴崎地区

    パークプレイス大分

    鶴崎地区はJXTGエネルギー(株)や昭和電工(株)など、多くのコンビナート企業が立地しており、西日本有数の工業地帯です。一方、施設園芸も盛んであり、大葉、三つ葉、パセリ、キュウリ、ニラなどが盛んに栽培されています。また、地区南部においては、郊外型の大型商業施設の集積が進んでいます。

  • 佐賀関地区

    佐賀関漁港

    佐賀関地区は三方を海に囲まれ、北側には豊予海峡を臨む西日本屈指の漁港である佐賀関漁港を保有しており、この港で水揚げされるアジ、サバだけが「関あじ」「関さば」として認められています。一方で、パンパシフィックカッパー(株)の鉱石受入や製品出荷用の岸壁などがあり、漁業だけでなく、工業も地区の産業として大きな役割を果たしています。

  • 明野地区

    あけのアクロスタウン

    明野地区は、昭和36年に大分鶴崎臨海工業地帯に進出する企業の社宅用地として開発され、以降関連企業の進出に伴い、社宅、分譲住宅などが年々建設されてきた一大団地です。近年は保育所や医療機関などの社会インフラの整備に加え、大型ショッピングセンターが建設されるなど、生活環境の整った地区として現在に至っています。

  • 坂ノ市地区

    大分流通業務団地

    坂ノ市地区は昭和53年から始まった土地区画整理事業により、JR坂ノ市駅を中心に計画的な市街地が形成され、新しい街づくりの基盤が完成しています。内陸部には旭化成メディカル(株)やTOTOアクアテクノ(株)が立地するとともに、大分県により大分流通業務団地が整備され、多くの流通関連企業が進出しています。

  • 大在地区

    大在コンテナターミナル

    大在地区の北部は、大在公共埠頭として整備され、平成30年3月からRORO船航路が3航路、週11便となり、九州最多となりました。地区南部においては大分キヤノン(株)や大分キヤノンマテリアル(株)などが操業を開始し、活況のある地区へ変貌を遂げています。

大分川のダム(ななせダム)

大分川ダム (ななせダム) は、大分川水系七瀬川の大分県大分市大字下原地先に多目的ダムとして建設するもので大分川総合開発の一環をなすものです。 ダムはロックフィルダムとして高さ約92メートル、長さ約500メートル、総貯水容量約2,400万立方メートル、有効貯水容量約2,240万立方メートルで洪水調節、流水の正常な機能の維持、水道用水の供給を目的とするものです。

野津原地区

大分川のダム

完成予想イメージ (2019年完成予定)

東九州新幹線及び
四国新幹線
(豊予海峡ルート) の整備に向けて

大分市では、新たな国土軸として重要な意味のある東九州新幹線及び四国新幹線 (豊予海峡ルート) の整備の必要性を各方面に働きかけています。
東九州新幹線については、東九州新幹線鉄道建設促進期成会の調査において、豊予海峡ルートの新幹線整備については、大分市の調査によって、それぞれの整備効果が見込まれることが判明しています。

TOP